スマホを乗り換えるとき、携帯電話各社がさまざまなキャンペーンをやって乗り換えを促してきます。キャンペーンも大事ですが、それより長期的にお得なスマホを選び、その上でキャンペーンも生かすと良いですね。その方法を紹介しています。

スマホの乗り換えキャンペーン

スマホの乗り換え時期 手数料を払っても早い解約がトクな理由

■ 格安に乗り換える場合は「善は急げ」

大手のスマホをご利用の方で格安
スマホに乗り換えるか検討している
けれど、

なかなか踏ん切りが付かないのは
こんな理由でしょうか?

・乗り換えを考えるのが面倒くさい
・たくさんありすぎてわからない
・高いけど困ってないしまぁいいか

・端末の残債が残っている
・更新月が来ないので契約解除料が
発生する

こんなような気持ちではないでしょうか?

確かにスマホを格安に変えると料金が
安くなるのは理解できても

そのためにいろいろ調べ物をして
どこにするか選んで、手続きをして
ということが

やっぱり面倒なんですよね。
僕も乗り換えを何度かしていますが、
やはり面倒なのはよくわかります。

僕だって乗り換えるまでにあれこれ
調べてやっと

「乗り換えた方が断然お得」

とわかってはじめて行動できました。

そういう納得がないとなかなか行動が
できないんですよね。

でも、そう思った後も乗り換えを
踏みとどまる理由は出てきます。


■ 端末の残債が残っている…

よし、スマホを格安に乗り換えるぞ!
と思った後に来る次なる問題が

端末の残債が残っている
という問題です。

端末の残債は、解約後も残ります。
どこの携帯電話で契約しようとも

分割払いが払い終わってなければ
契約をやめてもローンは残ります。

特に大手の携帯電話会社で契約している
際に、端末の残債は注意が必要です。

契約中は毎月の端末代金に対して、
携帯電話からサポート費用が出ます。

そのため、端末代金の実質の支払額は
比較的安いのです。

しかし、契約を解約してしまうと、
そのサポート費用は出なくなりますので、

端末の支払額はサポート費用なしの
金額になってしまうのです。

これを残り期間に対して払っていく
必要があるのです。

このときは、
格安に乗り換えた料金
今の支払額
を比較しましょう。

安くなるのなら、思い切って格安に
乗り換えるのもよいでしょう。


■ 契約解除手数料がかかる

大手の携帯電話会社は24ヶ月の契約に
なっていますので、更新月以外での
解約は手数料がかかります。

手数料は契約期間などで変わりますが、
最高で9800円です。

この金額は決して安くありません。
もったいないと思う気持ちも
わかります。

ただ、格安スマホに乗り換えたら、
2ヶ月や3ヶ月で元が取れるほど
月額料金は安くなります。

9800円はお世話になった携帯電話
会社への手切れ金と思って
払ってしまうのもよいでしょう(笑)

早く切り替えた方が長い目で見て
お得です。
決して損することはありません。

スマホの料金はこの先もずっと長く
かかる費用です。

スマホや携帯電話を捨てない限り
なくなりませんもんね。

短期的には出費は大きいのですが、
長期的には早く乗り換えた方が
お得になります。